プルサーマル

刈羽村住民投票を受けて東電・経産省への要請書■06/01ふくろうの会他(06/11up)

HOME | プルサーマルMENU


2001年6月1日
東京電力社長 南 直哉殿
刈羽村住民投票結果を受けて
プルサーマルの中止を求める要請書

 刈羽村住民投票により、プルサーマルについての最終的な決断が下された。プルサーマルが最初に予定されていた福井県では、データ改ざんの発覚により全くめどがたたない状況となった。次に予定していた福島県では、知事が「県民の理解が得られていない」と実施を拒否した。そして残った新潟県でも住民が拒否したのである。刈羽村は3.7世帯に1人が原発関係者という原発城下町である。国と東電は4年間にわたりプルサーマル導入のための宣伝を続け、住民投票でも東電社員が介入し、平沼経済産業大臣の署名入りの脅しとも受け取れるビラが撒かれた。「プルサーマルが止まれば雇用がなくなる」との賛成派の脅しまであった。それでも住民はノーの結論を出したのである。他のどの立地点で住民投票を行なっても結果は同じであろう。これは、プルサーマルが柏崎刈羽原発でできないことを意味するだけではなく、全国のどの原発でもできないことを意味する。国と東電は住民投票の結果を最終判断と受け止め、これ以上プルサーマル実施のために動くことをやめ、プルサーマル計画そのものを中止すべきである。

 平沼大臣のビラによっても、「プルサーマルの本質は核のゴミ問題」という真実が明確となった。核のゴミ問題の無策のつけを住民に強いるのがプルサーマルだということがはっきりした。使用済核燃料のゴミ捨て場を確保するために再処理を行なうというのは無茶な話である。これほど危険で、これほど汚染が激しく、これほど金がかかる方法はない。核ゴミ問題の欺瞞に満ちた一時しのぎであるばかりではない。プルサーマルを行なえば、汚染がより激しい使用済核燃料を生じることになり、核ゴミ問題をさらに深刻化させるだけである。プルサーマルの実施が困難になったことにより、再処理はその目的を失った。青森県六ヶ所村への使用済燃料の搬出はこれをやめるべきである。

要請事項

1 柏崎刈羽原発・福島原発でのプルサーマルを中止すること
2 再処理契約を破棄すること
3 青森県六ヶ所村への使用済燃料の搬出を中止すること

東電MOX裁判の会/グリーンピース・ジャパン/プルサーマル公開討論会を実現する会/ストップ・ザ・もんじゅ東京
/ふくろうの会(福島老朽原発を考える会)

連絡先 03−5225−7213 AIR気付 

2001年6月1日
経済産業大臣 平沼 赳夫殿

刈羽村住民投票結果を受けて
プルサーマルの中止を求める要請書

 刈羽村住民投票により、プルサーマルについての最終的な決断が下された。プルサーマルが最初に予定されていた福井県では、データ改ざんの発覚により全くめどがたたない状況となった。次に予定していた福島県では、知事が「県民の理解が得られていない」と実施を拒否した。そして残った新潟県でも住民が拒否したのである。刈羽村は3.7世帯に1人が原発関係者という原発城下町である。国と東電は4年間にわたりプルサーマル導入のための宣伝を続け、住民投票でも東電社員が介入し、平沼経済産業大臣の署名入りの脅しとも受け取れるビラが撒かれた。「プルサーマルが止まれば雇用がなくなる」との賛成派の脅しまであった。それでも住民はノーの結論を出したのである。他のどの立地点で住民投票を行なっても結果は同じであろう。これは、プルサーマルが柏崎刈羽原発でできないことを意味するだけではなく、全国のどの原発でもできないことを意味する。国と東電は、住民投票の結果を最終判断と受け止め、これ以上プルサーマル実施のために動くことをやめ、プルサーマル計画そのものを中止すべきである。

 平沼大臣のビラにより、国はこれまで隠してきた「プルサーマルの本質は核のゴミ問題」という真実をさらけ出した。核のゴミ問題の無策のつけを住民に強いるのがプルサーマルだということがはっきりした。使用済核燃料のゴミ捨て場を確保するために再処理を行なうというのは無茶な話である。これほど危険で、これほど汚染が激しく、これほど金がかかる方法はない。核ゴミ問題の欺瞞に満ちた一時しのぎであるばかりではない。プルサーマルを行なえば、汚染がより激しい使用済核燃料を生じることになり、核ゴミ問題をさらに深刻化させるだけである。プルサーマルの実施が困難になったことにより、再処理はその目的を失った。核燃料サイクル政策は根本から見直しをしなければならない。青森県六ヶ所村に建設中の再処理工場は即刻建設を中止すべきである。青森県六ヶ所村への使用済燃料の搬出もこれをやめるべきである。

要請事項

1 柏崎刈羽原発でのプルサーマルを中止すること
2 全国のプルサーマル計画を中止すること
3 再処理、核燃料サイクル政策を破棄すること
4 青森県六ヶ所村の再処理工場の建設を中止すること
5 青森県六ヶ所村への使用済燃料の搬出を中止すること

東電MOX裁判の会/グリーンピース・ジャパン/プルサーマル公開討論会を実現する会/ストップ・ザ・もんじゅ東京
/ふくろうの会(福島老朽原発を考える会)

連絡先 03−5225−7213 AIR気付 

PAGETOP | HOME | プルサーマルMENU